マンガで分かる肉体改造 糖質制限編の感想

糖質制限、流行ってますよね。最近低糖質スイーツやら、コンビニのファミマでライザップのコラボスイーツとかやってますし。実際、糖質制限の効果はすごいらしいですが…。

でも、糖質制限ダイエットが気になってはいるけど、炭水化物は食べちゃダメって続けられるのかなって思いませんか?

私は、お米もパンもラーメンも食べられないなんて…。ポテトも大好きだし主食抜くダイエットなんて無理!と思い、糖質制限ダイエットは挫折しそうと思っていたのです。

でも、ゆうきゆうさんの、「マンガで分かる肉体改造 糖質制限編」を読んで、糖質制限をやってなぜ痩せるのか、仕組みを知って、やってみようかなという気になってきました。

なので糖質制限に興味はあるけれど、二の足を踏んでいる人には一度糖質制限の全体像を理解する為に読んでみるのがおすすめです^^

スポンサーリンク

マンガで分かる肉体改造 糖質制限編を読んでみての感想

原作:ゆうきゆう先生、作画:ソウさんのいわゆる、マンガでわかるシリーズの、糖質制限版なわけなのですが、私は「マンガでわかる系シリーズ」のものはいくつか読んでいますが、その中でも相当読みやすく頭に入りやすかったです。

糖質制限の内容については、ネットでも調べればたくさんありますが、断片的に読んでいるだけではやはり、良さそうだけど糖質制限を始めてみるかまではいかなかったんですよね…。

というか、炭水化物を抜くというのがどうにも耐えられなくてすぐに挫折するかも…と思ってしまったのもあります。

でもこの、ゆうきゆう先生の「マンガで分かる肉体改造 糖質制限編」を読んで、糖質制限で痩せる事への全体像、仕組みがようやくきちんと理解できましたし、腑に落ちました。

ゆうきゆう先生は、精神科医で心理学に関する人気サイトも持っていて、「マンガで分かる心療内科」の人気シリーズも出しているからか、読んでいるだけで糖質制限をやってみたくなっていくのです(笑)

なお、ゆうきゆう先生自身も糖質制限を実施し、体重が3ヶ月で75kg(BMI23)→69kg(BMI21)と変化し、

  • 腹筋が割れる
  • 午後の眠気がなくなる
  • それもあって、意識、集中力がずっと高いまま保たれる
  • 脂肪の減少と筋肉増加によって長時間の運動をしても疲れにくくなる
  • 今まで汗をたくさんかいていたのがかきづらくなる

という糖質制限のメリットを体験できたのだそうです。

 

マンガで分かる肉体改造 糖質制限編の内容

ある30代のメタボ体型の男性が診療室に訪れ相談に来るという話から始まるのですが、会話がギャグとたまに下ネタ込みでテンポよく読めて、たまにそのギャグに笑ってしまいます(笑)

  • 清涼飲料水にどれだけの糖質が含まれているのか
  • お米にはどれくらいの糖質が含まれているのか
  • コメや小麦に大量の糖質が含まれているのになぜ甘く感じないのか
  • なぜ糖質が体にとって毒になるのか
  • インスリンと糖質との関係
  • 糖質を摂りすぎて太る仕組み
  • 脂肪の摂りすぎ太るのではなく糖質で太る
  • 太るだけじゃない血糖値が下がることへの悪影響
  • 血糖値の急激な上下動により血管がダメージを受ける

と、糖質の取り過ぎは体に毒だということがわかりやすくマンガでの会話口調で解説されるので、す~っと頭に入っていきます。

途中にいい感じでギャグが入ってくるので、普通にマンガを読んでいる感じがします(*^^*)

またほかにも糖質制限を実践する上での疑問っていくつか出て来るんですよね。

  • 糖質って脳のエネルギーなんじゃないの?
  • よく糖分摂らないと頭が働かないとかいうよね
  • 肉ばっかり食べて脂肪で太るんじゃないの?
  • 卵がいいっていうけど卵の食べ過ぎはコレステロールが高くなるから危険なんじゃ…?

と、こういう疑問に対して、きちんと解説があるので、「なるほど~」と納得できます。

糖質制限ダイエットのやり方

「マンガで分かる肉体改造 糖質制限編」で推奨される糖質制限ダイエットのやり方としては、

  • 糖質量は1日60g以内が理想
  • 1食なら10~20g の糖質量で抑えること

なのですが、ご飯一杯で糖質56gですので、やはりいわゆるご飯、パン、麺類などの主食抜きが必要になります。

3食カット2食カット1食カット
朝食
昼食
夕食

 

昼食は外食だったりすると、どうしても炭水化物抜きのメニューにするのが辛いときがあるんですよね。

そういう時は臨機応変に昼食のみOKで、朝夕糖質カットの2食カットでもOKなんだそうです。

とにかく1日60g以内が理想だけれど、今まで取りすぎている1日300gの糖質摂取量を少しでも減らす事で、効果はあるという事でした。

ただし、三食ともご飯を少しずつ減らすのは、インスリンが出てしまうのであまり効果なし!なんだとか。

意外とそれってやりがちですよね…^^;

とはいえ主食、炭水化物を抜くダイエットは辛い…

こうやって糖質制限の仕組みを理解しても、やっぱり「私、ラーメンは食べたい」などと糖質好きアピールをして、糖質制限をやらない理由をあげてくる人がたくさんいるそうです…(汗)

そうなんですよね…。もうラーメン食べられないの?ポテト食べたいよ。チャーハンとか焼きそばとかも食べられないのか…と思うと、寂しくなってきてしまうのです。

 

私は家系ラーメンが好きで時々家族で食べにいくのですが、中華麺は200gで60g前後らしいので、これだけで1日分になってしまいます。

でも、それでもたまの週に1,2回のラーメンならOKだし、多くても最大1食でしょう?という事で、

絶対にこれだけはやめられないメニューは食べてよし!

ということでした。

糖質制限ダイエットを成功させるには?

今回、「マンガで分かる肉体改造 糖質制限編」を読んで、かなりやる気にはなりました。

糖質制限の本などもたくさん出ていますが、全体像が把握できるので、イメージもつかみやすいです。

あとは夕食をカットする際に何をどう食べるのかをメニューを決めておく事が大事かと思いました。このあたりは個人の環境と好みによっても変わってくると思います。

私の場合では、豆腐好きなので、ご飯を豆腐に置き換える事で、糖質量をかなり下げる事ができます。

そして外食に関しては、私の場合はたまにしかしないので、ここは糖質量は気にしない。これでまずは糖質制限ダイエットを始めてみようかなと思いました^^

なお、糖質制限の漫画はほかにも以下の本があるので、読んでみたいと思います。

ちなみにこちらの本は、「炭水化物が人類を滅ぼす」のコミック版となります。原作は湿潤療法「傷はぜったい消毒するな」で有名な夏井 睦先生です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました