アーモンドミルクの糖質量は?砂糖不使用の味はどう?

健康

アーモンドミルクはビタミンEが豊富で美容と健康にも良いと最近スーパー、コンビニでも見かけるようになりましたよね。

アーモンドミルクって低糖質なので、糖質制限ダイエットにも使えそうと思い、アーモンドブリーズ、アーモンド効果、アーモンドファームの各アーモンドミルクの糖質量を調べてみました。

ちなみにアーモンドミルクの砂糖不使用の味は、無調整豆乳の味がイケルなら全然有りですが、無調整豆乳はまずくて飲めない!という人には、マズイ、ちょっと飲みにくい感じるかもしれませんね^^;

スポンサーリンク

コンビニなどで買えるアーモンドミルク

アーモンド飲料はいろんなメーカーから発売されていますが、今回はコンビニやスーパーなどで手に入りやすいアーモンドミルクである、

  • ブルーダイヤモンドのアーモンドブリーズ
  • グリコの飲むアーモンドのアーモンド効果
  • キッコーマンのアーモンドファーム

それぞれのアーモンドミルクの糖質量についてまとめてみました。

あくまでも糖質制限でのダイエットの観点からですので、アーモンドミルクのカロリー等は気にせず!です。

※調査日は2017/3/13となります。成分量など今後変わる可能性がありますので、実際に購入する時にパッケージ等ご確認ください。

アーモンドブリーズの糖質量

アーモンドブリーズの味それぞれの糖質量については以下の通りです。なお、内容量は1パック(200ml)当たりの糖質量となります。1Lのアーモンド飲料の糖質量ではありませんのでご注意ください。

  • 砂糖不使用 糖質:1.0g
  • 砂糖不使用香るバニラ 糖質:0.6g
  • オリジナル 糖質:5.6g
  • チョコレート 糖質:16.0g
  • コーヒー 糖質:14.6g
  • バナナ 糖質:12.6g
  • 紅茶 糖質:12.8g
  • 抹茶 糖質:12.4g

やっぱり砂糖不使用の味のアーモンドブリーズが一番糖質量は低いですね。

普通の砂糖不使用よりも、香るバニラの方が0.6gと糖質量が低くなっているのが不思議ですね^^;

糖質制限ダイエットとしては、アーモンドブリーズの中でも糖質量の高い、チョコレート、コーヒー、バナナ、紅茶、抹茶は避けたほうが良さそうですね。

※糖質制限として1食20gに抑える基準として

飲むアーモンドの健康 アーモンド効果の糖質量

では次にグリコのアーモンド効果の糖質量となります。

こちらも内容量1パック(200ml当たり)の糖質量です。

  • アーモンド効果 糖質:9.9g
  • アーモンド効果カロリーLight(砂糖不使用)糖質:2.1g
  • アーモンド効果チョコレート 糖質:14.5g
  • アーモンド効果香ばしコーヒー 糖質:8.4g
  • アーモンド効果黒ごま(砂糖不使用) 糖質:1.8g
  • アーモンド効果エスプレッソ(砂糖不使用) 糖質:3.0g

 

やはり砂糖不使用のアーモンド効果の方が糖質量がかなり低いですので、糖質制限ダイエット中なら、砂糖不使用を飲んだ方が良さそうですね。

糖質制限ダイエットとして、糖質量の高い普通のアーモンド効果、チョコレート、香ばしコーヒーあたりはやめた方が良さそうです。

※糖質制限として1食20gに抑える基準として

なお、砂糖不使用以外の糖質としては、「はちみつや甘味料」などが入っているようです。詳しくはパッケージの原材料をチェックした方が良いでしょう。

ちなみに私はアーモンド効果のエスプレッソが好きです(^^)

グリコアーモンド効果エスプレッソ

アーモンドファームの糖質量

キッコーマンのアーモンドファームの糖質量です。

  • アーモンドファームオリジナル 糖質:17.8g
  • アーモンドファームコーヒー 糖質:17.8g
  • アーモンドファームバナナ 糖質:19.8g

 

アーモンドファームは豆乳とのブレンド

今回調べて気づいたのですが、キッコーマンのアーモンドファームはアーモンドミルクに豆乳をブレンドしているんですね。

原材料名
豆乳、砂糖、水溶性食物繊維、アーモンドペースト、米油、天日塩、寒天、香料、糊料(セルロース、増粘多糖類)、乳化剤、ビタミンE

キッコーマン アーモンドファームオリジナルの原材料より引用

原材料の成分は、内容の多い順に書かれますので、どっちかというと豆乳が一番多いという事になりますね^^;

そしてその次に砂糖ですから、やはり糖質量が高くなっているのもうなづけます。

なお、上記のアーモンド効果、アーモンドブリーズについては、乳成分、豆乳不使用です。

豆乳はどうも苦手という人は、キッコーマンのアーモンドファームはやめた方が良さそうですね^^;

なお、豆乳も結構低糖質で糖質制限ダイエットとも相性が良いですし、イオンのトップバリューの低糖質豆乳シリーズとかも私は結構好きで、飲んでいます(^^)

アーモンドミルクは糖質制限ダイエットに使えるか?

糖質制限ダイエットをしていると、どうしても色々制限があって、レパートリーが少なくなったり、飽きてきたりするんですよね。

その中でアーモンドミルクは、味が好みであれば牛乳の代替としても良いかと思います。

ちなみに牛乳の糖質量は大体200ml当たり10gほどです。牛乳には乳糖が含まれているので意外と糖質量があるんですよね。

好きな人はコップ1杯なんてすぐに飲んじゃうでしょうから、牛乳の糖質量には注意が必要なのです。

明治のおいしい牛乳の糖質量

明治のおいしい牛乳の糖質量 9.9g(200ml当たり)

炭水化物となっていますが、炭水化物は糖質+食物繊維です。牛乳には食物繊維が入っていないので、炭水化物量=糖質量となります。

 

 

まとめ

アーモンドミルクで、スーパー、コンビニなどで手に入りやすい3メーカー、ブルーダイヤモンドのアーモンドブリーズ、グリコ飲むアーモンドの健康のアーモンド効果、キッコーマンのアーモンドファームの糖質量をそれぞれの味ごとに調べてみました。

糖質制限中の飲み物として、砂糖不使用のアーモンドミルクならかなり糖質が抑えられるので良さそうです。

コンビニなどで何かお茶やコーヒー以外に飲みたい!となった時に、牛乳ではなく砂糖不使用のアーモンドミルクを選ぶっていう感じにしてみようと思います(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました